CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ひと足先にスミマセン だって…

だって、スェードと表革のコンビなんです。
だって、ベージュと黒のちょっとありえないコンビなんです。
だって、よーく見ないと分からないけど、コバのだし縫いが
普通にシングルかと思ったら黒く塗りつぶしたところだけ
チェーンステッチなんです。(なんで!?)


だって、ブローグのギザギザがそのままソールまで
塗り分けられているんです。かなりオカシイ!


だって、フワフワした履き心地だなーっておもったら
こんなにソールが反っています。アーチの支え具合も柔らかくていい感じ…


だって、そんなデザイン性ながらグッドイヤーのしっかりした作り…


だって、今年気になるベージュなんです。


皆さん"グレージュ"って色の表現、
聞いたことあります?数年前から来る、来ると業界では言われていたのですが
ようやくリアリティのある風向きになっています。
脱ブラックといわれて数年、グレー全盛でした。
この傾向、こんな気分はまだ続きそうですが、グレーのグラデーションで
モノトーンの色あわせだったのが今はグレー×ベージュや茶系の気分。

ベージュの彩度が落ちて限りなくネズミイロっぽい色をグレージュと呼び、
今気になる色です。
今年のkolor別注でご用意したクリノジャケットもそんな色。




他にも色んなおもしろいモデルがあってそれぞれ魅力満載ですが
ひとまずわたしはこれをひと足先にいただきます(買っちゃった!スミマセン=3)




いやー、恐るべしです。Elsa
| モリヤマ | 13:45 | - | trackbacks(0) |
MEN IN BLACK…WATCH
Districtはしつこい
Districtはクドイ


そんなことは百も承知ですが


今度はTABLOID NEWS…。なだけにちょっとカジュアルで


フロントは背中にも沢山ポケットがついてハンティング調。
ブラックウォッチハンターのわたしを刺激します(汗)
以前はMR.STRIPEMANでもあったClusterのS川さんが着ると
本物の鹿討ハンターのようです。

ツィードジャケットの上(!?)に着るハンティングベスト…
なんてのもイイかも
| モリヤマ | 17:38 | - | trackbacks(0) |
ツィード気分
ハッキング、シューティング、ホースライディング、ノーフォーク…
英国カントリー調と聞いて思い浮かぶのはヴィエラチェックのシャツに
エルボーパッチのついたツィードジャケット、
モールスキンもしくはコーデュロイの細めパンツをダブルでスェードのブーツ…
昔のスナップでツィードのジャケットだけでなく、ウィンドウペーンの
パンツの裾までレザーでパイピングをしたオシャレなオジサンの着こなしは
忘れられません。
(ちなみにMr.Beenのジャケットも袖口にレザーパイピングでしたね)

でも、こんな気候でガチガチのヘビーウェイトのツィードは
もうどうかと思います…正直、もっと楽チンがいい。硬い毛芯なんていらない。

今回、Districtで作ったバーズアイ調のツィード。
実はウォッシュド(製品洗い)。しかもパンツはNOP3でセットアップ。

昔はツィードのスーツと聞いただけでズシッと肩に来る上着、
肉厚のパンツのゴワゴワが思い浮かべられたものです。

楽チンな着心地にはやはり勝てません。
モリヤマ購入ズミ
着数、そんなにないのでお早めに!
| モリヤマ | 18:30 | - | trackbacks(0) |
M.I.B.2(MEN IN BLACK…WATCH2)


今日のモリヤマ…出勤からこの格好です。もちろん。
果たして世間的にアリかナシか?は全く頓着しておりません。


そして今日ご紹介するのは

由緒正しいヘビーウェイトツィードでは王様とも言える
HARRIS TWEED協会認定の…

パーツごとにパッチワークになったダウンベスト(風ベスト)。


ブランドはお馴染みjipijapa…不覚にも裏地が

ブラックウォーッチ!

着るとこうなります。

隣にかかっているのが色違いのグレーベース。

ナカハマ「モリヤマさーん他にもこんなものも入荷しています」


カクチ「ちょっと貸してみ…うわ!フードおもてたら変なのでてきました!」
   「こうなりますけど…」


   「いやーベストの裏地もカモフラやし、やっぱこう着るんじゃないですかネ」
   「全部まるっと裏返ししたらこうですよ」


   「襟にもう一本ジップがあると思うたら、フードも出てきますって」

   「どないなっとんねん これ」
モリヤマ「そっちはお譲りしますよ。カクチさん☆」
| モリヤマ | 16:06 | - | trackbacks(0) |
BDにはベストが要る

ことしもこんな季節になりましたね。
ジャケットやスーツにボタンダウンにタイをして…
そうなるともうベストがないとさびしいわけです。


毎年週3の頻度で着ているコレはSmedleyですが、
こんな着こなしが紹介したくてオリジナル18ゲージのニットで
作ってもらいました!



チャコールグレーにライトグレー、黒、白、赤、ロイヤルブルーと
色もヨリドリミドリ!
ジャケットやスーツを着るのがさらに楽しくなりそうです。
| モリヤマ | 21:57 | - | trackbacks(1) |
BEFORE 9.11 AFTER9.11
よくNYが舞台の映画を見ていて
「あーこの頃はまだワールドトレードセンタービルが建っている…」
そんなことを考えます。

この世界から暴力で問題を解決できると考える人が減りますように。
この世界から他者を不幸にしないと自分は幸福になれないと考える人が減りますように。
大きな地図で見る
| モリヤマ | 19:36 | - | trackbacks(0) |
それもあったの?




この地雷はわたしが踏むためのもの…


…ということですよねーやっぱり
| モリヤマ | 17:25 | - | trackbacks(0) |
MEN IN BLACKWATCH


ブラックウォッチ大好物のワタシには今回入荷したヴェストは必達。
以前から着ているPENDLETONにあわせて着てもいいだろうし、
セットアップのツーピースの中にあわせても差し色でいろいろ楽しめそう…
ガラガラ妄想が膨らみます。
ちょうど今日もブラックウォッチのバタフライもあるし…

さっそく買っちゃいます!

アサコ)モリヤマさん、うしろの!共生地のパンツは買わなくていいんですか?

モ)そんなー。スルーするわけないじゃないですか…
 試着するのは面倒なんだけど、今日のパンツのマイナス4CMでいいや!

 股下63CMはなかなか短いですねー
 PENDLETONとスリーピースにもなりますね☆
 !シャツも持っていました。
 !Scyeのブラックウォッチのトレンチも持っていました。
 スリーピースどころか全身ブラックウォッチも可能です=3
 

| モリヤマ | 15:22 | - | trackbacks(0) |
結局日本の気候にあうアウターってレザーなんじゃないかと納得するmandoの新作が店頭に並びました。

馬革を大胆にハードウォッシュ加工したmandoのライダース。
袖の2本ラインは「栄光のルマン」の縦2本ラインとか
トライアンフにまたがる昔のヨーロッパのバイカー達を思い出させます。

2年前のSS立ち上りでもあっという間になくなったmandoのレザー
わたしもかなりの着用頻度。

洗ったために一度硬くしまった革は着ていくほどなじんで柔らかくなり、
本当にシーズンを選ばず春夏でも秋冬でも着用しています。
もちろんこんな天気の今日も半ズボンの上に着てきました。



基本的なバランスは同じで襟元にベルトが、あわせがフロントよりに

脇下にあったアクションプリーツは背中中心に大胆に移動、

この後姿もまた…特徴的でカッコいい


ダメージもガリガリ入っていて表面の銀面がはがれちゃったりなんて
当たり前。なかなかここまで着込むのは大変ですからね…
いい感じに仕上がっています。


モコモコのツィードも今年の気分でひそかに何かしら買おうと狙っていたりも
しますが、結局こんなレザーアウターが一着あればG-ジャン感覚でガンガン
着られて重宝するんだろうな…と思うわけです。
もう一着mando?いやーおととし買ったこのライダースの微妙な色も
気に入っているけど、ベーシックな色も欲しいよな…とか思っていたからって
CLAM(私のサイズはかろうじて残っていたり)も気になっているし
Scyeもカッコいいし
今年のレザー選び放題の状況は大変です、みなさん!


| モリヤマ | 14:10 | - | trackbacks(0) |
この人とこの人が合体したらそりゃ最強でしょ

大脱走のマックイーン。
スェットカットオフに細く自分で改造したチノパンでの
バイクチェイスシーンが有名ですが捕虜になる前のヒルツはパイロット。
そんな背景を雄弁に語るのが彼のA-2姿。
あこがれた方も多いはず。
スナップダウンの襟に銃座から引っ張り上げ易いように付いたエポーレット。
わたしもあこがれて買ったクチです。

でも、袖口と裾のニットリブから来るお腹周りのたるみは
最近、ちょっといただけません。
…そんな理由からクローゼットの奥にしまわれています。



…でこちらは「乱暴者/THE WILD ONE」のマーロン・ブランド。
この映画以前はスクリーンに登場する男性はみな、ジェントルマン。
スーツを着ていない男優なんて考えられなかった時代に
一躍、LEVI'Sと革ジャンをファッションとして確立させた名作です。

タイトにしまったウエスト周り、ライディングスタイルでも腰をまもる
長めのテイル、アクションプリーツでタイトながら
腕の運動量を妨げないライダースの機能性はレザーの持つアウターとしての
堅牢さもあいまってやはり名品のひとつ。


そんな名作スタイルを今回の
「インディアナ・ジョーンズ クリスタルスカルの王国」で
シャイア・ラブーフが上手に再現してくれています。

でもね…胸板がマーロン・ブランドにはどうがんばっても
追いつかない私には襟元がさびしいんですよね。
ダブル襟の大きく開いたVゾーンの始末にはいつも困ります。


そんな気持ちを察したのかppcm時代のA部さんは
このふたつを合体させてしまいました。
襟元はA-2、ボディはライダース。
これは私見ながら名作です。


注)写真は当時購入したスタッフの私物です

当時Districtでも復刻して頂きました。その証に
ppcmのタグにDistrictの赤スタンプ。
たしかやはり別注で作っていただいたデニムか何かに
このスタンプを押し忘れたとかで、お店にシャチハタの
Districtスタンプが届いてみんなで押した懐かしい記憶もあります。
(それ以上に一取引先にすぎないわたし達のお店のスタンプをA部さん、
わざわざ作ってくれていたんだ!と感動しました)

今回CLAMのネームで再度作っていただきましたが、
前回よりもさらにボリュームアップした中綿は
さらに耐久性と防寒性を向上させたそうです。
フロントもダブルジップに改良…


襟を立てても襟元が冷えるから…と着用した経験から
クリノが出したアイデアを採用して襟のスナップダウンを利用した
チンガードまで搭載しています。


そこまでやったら最強ライダースの名前はほしいままのはずです。
降参しました。
| モリヤマ | 13:58 | - | trackbacks(0) |
| 1/17PAGES | >>